まさか!洗顔がキメ手?!意外なスキンケア対策を知ろう!

クレンジング料を選ぶ

 ベースメイクの濃さによってクレンジング料は選ぶべきです。なぜなら、クレンジング料には油性のメイクを浮き上がらせるために必要な油性成分、水性成分、そして、油分と水分を洗い流すために必要な界面活性剤から成り立っています。クレンジングにはオイル、ジェル、クリーム、ミルクとさまざまなタイプがあるというのは、この成分の配合量がそれぞれ違っているからです。

 油性成分が多いクレンジング料は、メイクを落とす力も高いとされています。それは、油は脂と良く混ざる性質があるからです。しかし、一方ではクレンジングオイルは肌への負担も大きいとされています。メイクを落とす際に肌の水分も一緒に落としてしまうということがその一因とも言われています。また、肌には脂が全く必要ないわけではありません。その必要な油も奪ってしまう可能性があるのです。

 つまり、クレンジング料を選ぶ際には、自分のメイクが薄いときには肌への少ないものを選びましょう。逆に、メイクが濃い人はクレンジング能力が高いものを選び、素早く、きちんと落ちるものを選ぶのが大切です。肌への負担とメイク落としの能力のバランスを見極めることがクレンジング料を選ぶポイントだと言えそうです。